熊谷市の自転車専門店Cycle City Kato MTB・ロードサイクル等 スポーツ自転車に強い地域密着型のお店

  • ホーム
  • 初めての方へ
  • プロフィール
  • 取り扱い商品
  • お客様の声
  • よくある質問
  • クラブチーム
  • アクセス

ニュース

ニュース

 

サイクルシティーKATOオーバーホール作業例

サイクルシティーKATOのオーバーホール作業例をご紹介させて頂きます。

【料金】
ロードオーバーホール通常料金(ワイヤー外だしタイプ)23000円税抜き~
※ワイヤー内蔵フレーム、電動パーツ、特殊フレームなどの作業はご相談下さい。

オーバーホール予約、お見積もり

 



オーバーホールのご予約お見積もりは事前に電話はこちらへ または、ご来店をお願い致します。

お見積もり時はバイクをお持ちになって頂き現車確認をしながらお見積もりを作成させて頂きます。

お見積もり時にはワイヤー類の状態、パークツール製のチェーンチェッカーでのチェーン伸び確認などをさせて頂きお見積もりを作成させて頂きます。

作業工賃には消耗品代、交換部品代 などは含んでいません。(ワイヤー類やチェーンなどの消耗品などはお使いの自転車やパーツ、メーカーグレードにより異なるため)また、お見積もりの際、ご予算やご要望などありましたらご遠慮無くお伝え下さい。お客様のご要望に最善のご提案、作業をさせて頂きます。


チェーンチェック
チェーンチェック

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

作業お預かり

 



お見積もりを作成させて頂き作業ご依頼を頂けた場合はバイクのお預かり日程を決めさせて頂きます。
(消耗品や交換部品の手配にお時間を頂く場合もございます)

また、お預かりから作業完了まで約1週間のお預かりをさせて頂きます。 お預かり日はバイクをご持参頂き車体やパーツに目立つキズなどがないかなどお客様とご一緒にチェックをさせて頂きお預かりさせて頂きます。
(作業時には洗浄、洗車をさせて頂いたり作業の際やむを得ない線傷や擦れがつく場合もございます。作業時にはフレームプロテクトなどをさせて頂き最善を尽くしますがご理解の程よろしくお願い致します)

 

作業前

 

作業前

 

作業前

 

作業前

作業前


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

作業開始、分解洗浄

 

 


お預かりさせて頂きましたバイクをバーテープ、ワイヤー類などを外し各パーツもフレームから外します。

ヘッドベアリング、BB(プレスフィットタイプなどフレームから外す作業で痛みが出てしまうタイプのBBは取り外しません。)なども取り外します。

各パーツ、フレームを洗浄します。フレームの中に汚れが凄くたまる事もあるのでフレーム内も洗浄する場合があります。

洗浄後は各パーツ、 フレームをしっかり水気を取ります。

 

分解パーツ

 

分解パーツ

分解パーツ

 

洗浄後

洗浄後

 

フレーム洗浄

 

フレーム洗浄

フレーム洗浄

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヘッドパーツグリスアップ

 

 

 

取り外したヘッドパーツの汚れを取ります。
最近のバイクはヘッドパーツにシー ルドベアリングを採用している物が多いです。

シールドベアリングの場合はベア リング外側の汚れを取り、ベアリングの動き、錆、腐食などの確認をします。ベアリング内側から汚れ、錆がひどい物でシールが上手く外せるタイプは内部洗浄、 確認をします。
(シールを外してしまうと取り付けが出来ないタイプやシールに ダメージが大きくなってしまうタイプは作業が出来ません)

洗浄でベアリング、 カップに問題ないものはグリスをしっかり塗り車体に取り付けをします。錆、腐 食などで利用出来ないと判断した場合はお客様とご相談させて頂きます。

※最新バイクでヘッドベアリングをバイクに装着した時に外部からヘッドベアリ ングが見えてしまうバイクなどもあります。その場合ベアリング表面にグリスを塗る事で防水効果はありますが逆に汚れえを引き寄せてしまう場合もあります。 そのようなバイクはお客様とご相談の上、作業をさせて頂きます。

 

ヘッドパーツ

ヘッドパーツ

 

ヘッドパーツグリスアップ

ヘッドパーツグリスアップ



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

各パーツ点検、取り付け

 

 

 

洗浄後、水気が無くなったパーツを点検して注油をします。

その後、フレームに 取り付けをします。ブレーキシュー、パットや歯などの消耗品も交換して取り付けます。

 

圧入BB

圧入BB

 

BB圧入前

BB圧入前

 

BB圧入後

BB圧入後

 

ブレーキパット減り

ブレーキパット減り

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワイヤー取り付け、調整

 

 

 

ワイヤーの取り付けをします。
ワイヤー類はお客様のお使いメーカーグレードに合った物で作業させて頂きます。

ブレーキワイヤー、シフトワイヤーは動作不良などがおきない且つ見た目がすっきりした長さに調整するようにしています。
(勿論、ワイヤーの長さなどのご要望がありましたらお伝え下さい)

カットを したワイヤーはカット断面を整え、必要に応じてワイヤーグリス、シリコンスプレーなどを使い取り付けブレーキ、変速機との調整をしていきます。

 

ニューワイヤー

ニューワイヤー

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バーテープ、トルクチェック

 

 

 

お選び頂いたバーテープを巻いていきます。
(巻き方、巻く場所の指定がある場合はお預かりの際お伝え下さい)

完成後、各部のトルクチェックをKTC製のデジラチェなどを使い指定トルクで締めます。

 

使用バーテープ

 

使用バーテープ

使用バーテープ

 

使用バーテープ

トルクチェック

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

WAX、再確認、お渡し

 

 

 

作業終了後、ワコーズ製のバリアスコート、を使い(変更する場合もあります) フレーム、パーツの表面保護、艶出しをします。

お客様引き取り時にトルクの再 チェック、バイクの状態確認をして頂きお渡しになります。

 

コート剤

コート剤

 

パーツWAX

 

パーツWAX

フレームWAX前、後

 

完成

 

完成

完成!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

別途 ホイール編

 

 

 

 

通常オーバーホールにはホイールのメンテナンスは含んでおりません。
ホイール のメンテナンスは別途料金にて作業させて頂きます。ご相談下さい。

下記のホイー ルはフルクラムレーシングゼロナイトの作業例です。
使用距離5000km未満です。

お預かりの際、フロントホイールに多少のゴロゴロ感を感じました。
まず分解をしたところ内部に錆が発生していました。

錆を綺麗にとりグリスアップを して組み付けをして再確認をしたところやはり周期的にゴロッと感を感じもう一 度分解をして確認をしました。

ハブ軸片側のベアリング接触部分にキズ?焼き付き?が原因と言う事でした。

この様な極わずかなキズでもホイールの回転に影響 が出てしまいます。
一概に距離は言えませんが定期的にはホイールの点検も必要です。



ホイールメンテ

ホイールメンテ

 

ホイール錆

ホイール錆

 

ホイール軸錆

ホイール軸錆

 

ホイール軸焼き付

ホイール軸焼き付き

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

詳細はサイクルシティーKATOにお問い合わせ下さい。

 

スポーツ自転車(ロードバイク・MTB)についてお気軽にご相談ください。

よくある質問

048-521-5440
FAX:048-521-9340 営業時間:AM9:30~PM7:30 〒360-0816 埼玉県熊谷市石原1749-3

メールでのお問い合わせ

まずはメルマガ登録へ


サイクルシティーカトーのオーナーブログ、こちらから。

熊谷でスポーツ自転車をお探しなら
サイクルシティカトーヘ
初心者の方にやさしいお店です

サイクルシティーカトー ショップ外観

サイクルシティカトー

048-521-5440

〒360-0816 埼玉県熊谷市石原1749-3
営業時間:AM9:30~PM7:00閉店
定休日:月曜日

ページの先頭に戻る